離婚の知識~財産分与~

離婚専門ブログ

「もっと知りたい!」と言う方はコチラ
子連れ離婚の情報満載!ブログ「離婚のおくすり」

財産分与とは

財産分与・・・結婚中に築いた財産を分配します。

結婚生活の中で、夫婦で築き上げた財産を

離婚の際に夫婦で分配すること

です。

結婚したときには、
離婚するなんて考えてもいませんから
(考えている方もいるようですが)

・不動産は夫名義(ローンも夫名義ですが)
・お金が入っている銀行口座は夫名義の口座
・貯蓄型の保険は夫名義
 (支払も夫名義の口座ですが)
・光熱費などの月々の支払は
 妻名義のクレジットカードで
 ポイントをためてお買いものに使おう。
というご家庭も多いのではないでしょうか。

そのまま離婚してしまえば、
夫はこれまでの生活を続けられるでしょうが、
妻は・・・
生活できますか??

結婚生活の中では、夫婦の協力のもと
財産を築いているといえるので、
財産の名義だけを見て、
それがその人のものだという判断をするのは
現実的ではありません。
名義人にこだわらず、
夫婦の協力のもと築いた財産を夫婦で分ける。
それが財産分与です。

具体的な方法

まずは、財産をリストアップします。
預貯金、家、土地、家具家電、保険などなど・・・

結婚前に得た財産や相続で譲り受けた財産は
夫婦で協力して築いた財産ではないので
財産分与の中に入りません。

それぞれの「取り分」を決めます。
預貯金など現金に換算できるものであれば
「5:5」「6:4」などとすれば良いですし、
分けることができない「モノ」については
「これは夫、これは妻」と
引き取る人を決めても良いです。
「これは夫がもらうかわりに、
 その価値の半分程度を妻に支払う」
というやり方もあります。

「専業主婦のオマエに財産分与は必要ないだろう。
 俺が稼いだ金だ。」
という男性もいますが、
最近では妻の仕事にかかわらず
「財産分与は5:5」という傾向が強いです。

※夫婦の一方が本人の「腕」で稼ぐ職業のときは
 単純に5:5とせず、
 その人の割合を多くすることもあります。

若い夫婦の離婚の場合、
財産がほとんどないということも考えられます。
離婚直後は厳しいスタートになるかもしれません。
離婚を機に新しい生活をスタートさせる場合、
いろいろと物入りになるものです。
なるべくお金のかからないスタート方法を考えて、
なんとか再スタートに必要な最低限の資金だけは
確保したいものです。

決めておくこと

・いつ
・どちらがどちらに
・何を
・どれだけ
・どうやって
渡すのか。

例えば
「夫が妻の口座に8月1日までに50万円振り込む」
などです。

離婚前に財産分与(支払いまで)が
済んでいれば良いのですが、
離婚後に支払い・引渡しがある場合は、
公正証書に残しておきましょう。

離婚専門ブログ

「もっと知りたい!」と言う方はコチラ
子連れ離婚の情報満載!ブログ「離婚のおくすり」