離婚の知識~面会~

離婚専門ブログ

「もっと知りたい!」と言う方はコチラ
子連れ離婚の情報満載!ブログ「離婚のおくすり」

面会交流とは・・・

父親との触れ合いも子供の成長のため

離れて暮らす親と子が交流を保つこと

です。

離婚は親の都合です。

そして、父親(夫)が、
その子の父親であるという事実は
変わりませんし、消えません。

「離婚後は、子供を父親に会わせたくない。」
という母親も多いですが、
母親の感情で決めないでください。

面会は離れて暮らす親(父)の権利
と考えられていますが、
「面会は父ではなく子供の権利」
というのが、私の考えです。

「離婚は決してあなた(子供)のせいではないのよ」
「あなた(子供)には、お父さんもお母さんもいて
 お父さんもお母さんも、
 あなた(子供)のことが大好きなのよ」
ということを子供に理解してもらうことは
子供の成長にとって
必要なことではないでしょうか。

一人の子供のアイデンティティの確立のためにも
幼いころ、また思春期に
父親と触れ合うことができる環境を
用意しておくのが、あなたの
大人としての役割ではないでしょうか。

面会について話し合う前に

何よりも大事なことは
「子供を1番に考えること」です。

父親の「会いたい気持ち」ばかりを優先させて
子供の体調や、友達付き合い、
学校行事、習い事に
支障が出るようではいけません。

子供も離婚で敏感になっています。
そして、
「自分を守ってくれる唯一の存在」である
母親の気持ちを察します。
子供に(本心ではなく、母親への気遣いで)
「お父さんに会いたくない」
と言わせてしまうのは、よくないと思います。

また、一度、
子供が「(父親に)会いたくない」
と言ったからといって、
それを理由に永久に面会をさせないというのも
本当に子供のためになっているとも思えません。
子供は日々変わるものですから。

大人として、
子供の成長を最大限に手助けするという気持ちで、
面会について考えてみてください。

それに、成長が感じられない、
まったく会えない、
今どうなっているかもわからない、
遠い存在の子のために
毎月養育費を払い続けるのは、
精神的にハードルが高いものだと思いますよ。
毎日は会えなくとも、
成長を感じることができれば
会えない場合に比べて、気持ちよく
養育費を払ってくれるかもしれませんよ。

決めておくこと

これは難しい問題です。

子供の環境や気持ちはどんどん変わります。
子供の年齢や性格、学校や習い事、
子供と父親のこれまでの関係によって、
どのくらいの頻度でどう面会したら良いかは、
変わってくるでしょう。

必ず約束することしては
・子供を第一に考えること。
・親権者である妻が正当な理由なく
 子供が面会に行くのを拒まないこと。

です。

そして、たいていの場合
・頻度(月に○回まで)
は決めておきます。
※「自由に子供が望むだけ」
 というご家庭もあります。

小さい子供さんの場合は
・宿泊がOKか、それともNGか
などを決めることも多いです。

他には
・学校行事への参加がOKかNGか
 (もしくはどういうときならOKか)
などを決めておくこともあります。

子供が小さいうちは
親同士で面会の約束をして、
面会場所までの送迎をすることになるため
どうしても離婚した夫婦が
連絡を取り合ったり、
顔を合わせたりする必要が出てきます。
精神的に難しいことだとは思いますが、
「子供のため」と割り切って、
なんとか頑張ってください。
難しいですけれどね。

離婚専門ブログ

「もっと知りたい!」と言う方はコチラ
子連れ離婚の情報満載!ブログ「離婚のおくすり」