離婚の知識~年金分割~

離婚専門ブログ

「もっと知りたい!」と言う方はコチラ
子連れ離婚の情報満載!ブログ「離婚のおくすり」

年金分割とは・・・

年金分割・・・年金の支払い実績をわけます。

年金の支払い実績を分けること

です。

「年金を分ける」といっても、
実際に支払われた年金・支払われる年金を
夫婦で分け合うのではありません。

年金は過去に支払った実績によって、
受け取る金額が異なります。
夫の給与から夫婦2人分の
年金保険料が支払われていると、
その支払った実績は夫のみのものとなります。

その状態で離婚をすると、
夫は将来多くの年金をもらえるかもしれませんが、
妻はどうでしょう?
支払い実績は、「結婚前の数年間のみ」
ということになっているかもしれません。
妻が高齢になったとき、
生活はどうなってしまうでしょうか?

このような妻の生活を助けるため
年金の支払い実績を分割する制度です。

話し合う前に・・・

・受け取る年金を分割するわけではなく、
 「年金保険料の支払い実績を分ける制度」
 であるということ。
・厚生年金の話であり、
 国民年金や厚生年金基金・国民年金基金の部分は
 分割されないということ。
・そもそも年金保険料の納付期間が
 10年以上(平成29年8月から。それまでは25年以上)なくては
 年金を受け取れないということ。
を押さえておきましょう。

また、分割対象期間が短ければ、
年金分割をしたところで
将来の年金額がどれだけ変わるかわかりません。

国民年金の自営業者の妻や、
自分の方が多く厚生年金を払っている妻
のための制度ではなく、

「長い期間、サラリーマンの妻で
 夫の扶養に入っていた人」

のための制度です。

3号分割と合意分割

3号分割とは・・・

年金分割には
「合意が必要な分割」と「合意が不要な分割」
があります。
「合意が不要な分割」というのが、
いわゆる「3号分割」です。

結婚生活中、夫の扶養に入り
夫の給料から妻の分も含めて
年金が天引きされていた夫婦です。
(いわゆる「3号」です。)

この場合、平成20年4月1日以降の
年金保険料支払い実績
については
夫の合意なしに(勝手に)
分割することができます。

※離婚すると自動で分割されるわけではなく、
 年金事務所での手続きが必要です。
 このとき、夫の同意は不要です。

合意が必要な分割

この場合(平成20年4月1日より前)は、
3号であっても夫婦の合意がなければ
分割ができません。

財産分与と合わせて
年金についても考えてみましょう。

まずは年金事務所で
自分の年金記録を確認してみましょう。
その際に離婚時の年金分割についても
聞いてみるとよいでしょう。

合意が不要な分割であれば、
話し合いは不要です。
3号保険者であった期間が短い場合は、
離婚の話し合いの際に、
年金分割については夫に譲り、
3号の部分のみ
離婚後に分割してしまうというのも
上手く話しあいを進める
良い選択肢かもしれません。

離婚専門ブログ

「もっと知りたい!」と言う方はコチラ
子連れ離婚の情報満載!ブログ「離婚のおくすり」