よくあるご質問

話してスッキリ!

エール行政書士事務所に対する
よくあるご質問と答えをまとめました。

他に、依頼の仕方などでご質問がある場合は、
お問い合わせフォームよりお願いします。

→お問い合わせ

Q. 費用はいくらぐらいかかりますか?

平均予算は76000円です。

→(ご相談 6,000円)+公正証書作成コース 70,000円
 (無料ご相談1回を含みます)

詳しくは

→コースと費用

をご覧ください。

※弁護士や行政書士という業種の人に頼むと
 「いくらになるかわからない」
 「金額を聞いてはいけない」
 というイメージをお持ちの方もいるようですが、
 エール行政書士事務所の離婚サポートは
 「コースと費用」のページで公表しています。
 ご安心ください。

これに公証役場で支払う公証人手数料が必要です。
公証人手数料は、公正証書の中身と
依頼する事項によって金額が異なるため、
一概にいくらとはお伝えできませんが
20,000円~30,000円となるご夫婦が多いようです。

※ご依頼いただき、公証人と打ち合わせのうえ、
 正確な金額をお伝えします。

Q. 何回くらい事務所に行かなくてはいけませんか?

ほとんどの方が2回程度です。

1度目は
「まだ離婚とはっきり決めたわけではない」
「夫に切り出す前に、知恵をつけておきたい」
「まだ離婚の条件はしっかり決めていない」
「離婚に向かって、
 自分が何をするべきなのか知りたい」
という状態でのご相談の方が多いです。
1度目のご面談の中で、
ご自身のお気持ちと現実を整理していただき、
「何をするべきか」を明確にします。

2度目のご相談で書類作成をご依頼いただき、
実際に離婚の条件について
細かくお話をしていきます。
※書類作成に進む場合はご面談1回分が
 セットになっています。

ご面談は有料であり、
またお互いに日時を調整しなくてはならないため
書類作成をご依頼いただいた方については、
些細な疑問はすぐに解消できるよう、
離婚の話し合いの中で発生した疑問や不安については
メールにてご質問いただいております。
また作成した書類は
メールでご確認いただいております。

メールでできることはメールで行い、
タイミングを逃さず
できるだけ「速く・楽に・安く」
離婚まで進めるようサポートさせていただきます。

→ネット予約システム

Q. 相談には夫と行った方がいいですか?

ご夫婦そろってではなく、

お一人でお越しください。

ご夫婦そろってのご面談では
行政書士が間に入って仲裁するような形に
なってしまう可能性があるので、
お断りさせていただいております。

また、離婚に悩む女性を応援するための
エール行政書士事務所です。

相手の前では言えないことを、
私の前で素直に言っていただくためにも、
また離婚の話し合いに臨むに当たって、
知恵と力をつけていただくためにも、
あなたお一人でお越しください。

できればお一人でのご面談が望ましいですが、
「ご両親と」、「お子様と」
というご希望については、うけたまわります。

Q. 男性からの依頼は受け付けていませんか?

男性からのご依頼をお断りしている
というわけではありませんが、
女性を応援したい気持ちが強い点と、
私自身がシングルマザーである点から、
離婚サポートで
エール行政書士事務所にご依頼いただくのは、

ほとんどが女性です。

※離婚ではなく、不倫の示談書などの
 書類作成のご依頼であれば
 男性の方もいらっしゃいます。

また、実際に養育費や財産分与などの
支払いを受ける側である女性の方が
約束を確実なものにするために
書類作成をしたがる場合が多いので、
そもそも、行政書士への離婚のご依頼自体、
女性の方が多いのではないでしょうか。

Q. 土日、祝日、夜間の相談はできますか?

平日の昼間以外でもご面談いたします。

悩んでいるときは24時間そのことが
頭から離れないものです。
悩んでいるときは「24時間だって長い」
ということを知っています。

それに、物事には
「タイミング」というものがあります。
離婚のご相談に限っては、
休日夜間に関わらず、
極力早くご面談できるよう取り計らいます。